モデルハウス展示場

街づくりガイドライン


美しくプレミアムな街並みを実現するための
“街づくりガイドライン”

住宅地の環境は、道路や宅地計画などの造成と、建物や外構が一体となって形成されています。
高級住宅地でも、建物や外構環境に配慮がないと、将来的に資産価値を高めることは難しくなります。
リビオ知利別プレミアタウンでは、美しい街並みをつくるために、指針となる「まちづくりガイドライン」を設けています。
このガイドラインは、街づくりの基本的な考え方や方針を示すことで、
ここに住まう皆様、売主、ハウスメーカーが一体となり、街づくりに取り組んでいくことを目的としています。
この街づくりの趣旨にご賛同いただき、ガイドラインに沿った家づくりを進めていただくことで、
街全体の景観が良好に形成され、将来、資産価値の高い街へと成長することをめざしています。
※このガイドラインを遵守いただくことが購入の条件となります。

街づくりガイドラインの概要

画像クリックで拡大表示します。

リビオ知利別プレミアタウン ガイドライン概要

街並みに関するガイドライン


門柱とシンボルツリーを統一し、
一体感のある美しい街並みをめざします。

シンボルツリーの植樹

道路に面する場所(道路境界から2.0m以内の範囲)には、
高さ約2.0mのシンボルツリー1本を植樹します。

樹種:シャラの木(ナツツバキ)

  • ※シンボルツリーの購入および工事費用はお客様のご負担となります。
  • ※写真はイメージです。

シンボルツリーの植樹

門灯にLEDの夜間常夜灯を設置

光が美しい景観を演出するとともに、夜間の安全性を高めます。
ここに住まう皆様を街の光がやさしく迎えます。

  • ※門灯は自動点灯・消灯します。
  • ※写真はイメージです。

門灯にLEDの夜間常夜灯を設置

タウンモニュメント

タウン名を記した御影石とレンガタイルで設計された
街のモニュメントを設置しました。

※区画No.15に設置されています。
工作物については該当区画者にて維持管理をしていただきます。

タウンモニュメント

石積調の装飾擁壁

街の顔となるメインストリート側に、
風合いのある石積調の装飾擁壁を設置します。

石積調の装飾擁壁

建物に関するガイドライン


建物の形態、意匠のルールを設けています。

屋根・外壁の配色…1

街の全体を美しく見せるために
建物の外壁と屋根の配色は原色系の色を避け、
ナチュラルなアースカラーを基色にしてください。

  • ※各壁面1/5以下のアクセント色を除く

屋根・外壁の配色

物置・室外機などの設置位置…2

物置・室外機などは極力接道面を避け、やむを得ず道路面に
設置する場合は、植栽などで目隠しをしてください。

敷地内に看板を設置する場合は、自己の用に供するものとし、
片面0.5㎡以下、両面で1㎡以下のもので、電飾は禁止します。

自動販売機の設置は禁止します。

  • ※本物件販売中の仮設的な販売用看板や工事中に掲出する看板を除く
  • ※イラストはイメージです。

物置・室外機などの設置位置

建物の高さなど…3

建物の最高高さは、10m以下、建物の軒高は8m以下としてください。

地盤高は計画地盤を変更できないものとします(カーポートは除く)。

建物階数は地上2階建てまでとします。

建物の用途制限は一戸建専用住宅(併用住宅は可。延べ面積の
1/2未満かつ50㎡以下で第1種低層住居地域に建設可能な用途)とします。

  • ※イラストはイメージです。

建物の高さなど

隣地・道路との距離…4

建物外壁又は柱などの表面は、道路境界線から有効1m以上後退させてください。

隣地境界線からは、有効1m以上後退させてください。

出窓部分は70㎝以上後退させてください。

  • ※イラストはイメージです。

隣地・道路との距離

外構に関するガイドライン


外構を統一することにより、
街並みや住まいをより美しく演出します。

敷地内の緑化など…5

オープン外構を基本としてください。

シンボルツリーのシャラの木(ナツツバキ)1本を植樹します。

フェンスを設置する場合は、その前面に生垣植栽などを設定してください。

道路に面して擁壁が設置されていない部分の土留めは、
連続した景観を維持するために、指定化粧ブロックを使用するか、
芝などによる法面緑化としてください。

化粧ブロックの上にフェンスを設置する場合、透視できるものとし、
高さは70㎝以下としてください。

土留めの高さは、造成地盤高さから20㎝以下としてください。

  • ※写真はイメージです。

敷地内の緑化など

カーポートなどの設置…6

独立型の車庫は禁止します。

設置位置は、道路境界から50㎝以上後退させてください。

カーポート屋根材は透過率50%以上の透過性のあるものを使用してください。

カーポート床の仕上げは全面アスファルトもしくはコンクリート舗装を
禁止とし、道路境界ラインから奥行き50cm以上の
範囲に指定材を使用してください。

門灯にLEDの夜間常夜灯を設置

門柱・門灯のデザイン…7

街の景観を統一するために、門柱セットを指定します。

設置位置は、道路境界から50㎝以上後退させてください。

LEDによる夜間常夜灯、インターホンを備えています。

  • ※表札、ポストは除く
  • ※イラストはイメージです。
  • ※門柱セットの購入および工事費用はお客様のご負担となります。

門柱・門灯のデザイン

シンボルマーク